自己分析が進まない!そんな人におすすめのツール6選

就活のスケジュール管理はアプリで完璧に!!

スケジュールがつまり過ぎて、面接の時間を間違えた。

こんな経験、したことありませんか?(笑)

就職活動をするにあたって、悩みの種となるのがスケジュールの管理です。

インターンであれ本選考であれ、1企業につきESや面接など複数の選考があるため、それぞれの実施時間や締め切りなど管理すべき情報が多くなりますよね。

そんな人のために、就活のスケジューリングの方法とおすすめのアプリを紹介したいと思います!

 

管理すべき情報

そもそも就活で管理すべき情報とは何か。

アプリであれ手帳であれ管理すべき情報は共通です。

そちらについて少し説明していきたいと思います。

管理しておくべき情報は主に以下の3つ。

  • 選考の時間、場所
  • 持ち物
  • ESやWEBテストの締め切り時間

基本的に上記の3つさえ分かっていれば、選考に支障が出ることはありません。

今回は、就活に必要な情報を効率的に管理するためのアプリの紹介や活用法の説明をしていきたいと思います。

 

スケジュール管理用アプリに必要な機能

就活のスケジューリングアプリとして必要な要素は、以下の3つ。

  • カテゴリ分けできるか
  • Todo機能、リマインド機能があるか
  • メモできるか
  • 画像を添付できるか

これらの機能を持ち合わせているアプリであれば、どれを使うかはデザインや使いやすさで決めてもらってもいいと思います。

 

 おすすめアプリ① Googleカレンダー

To Do機能やリマインダ機能、カテゴリ分け、メモなど標準的な機能を備えたアプリGmailからの予定などが自動的にカレンダーに追加されることが特徴。

 おすすめアプリ② LifeBear

これもGoogleカレンダーと同じくTo Do機能やリマインダ機能、カテゴリ分け、メモなど標準的な機能を備えたアプリです。Googleカレンダーよりシンプルで見やすい感じはします。

 おすすめアプリ③TimeTree

カレンダーを複数種類用意できたり、友人や恋人とスケジュールを共有することができます。恋人同士就活をしている人は、なかなか聞きづらい相手の就活の予定などを知ることが出来ます。

 

アプリを使った管理のメリット・デメリット

メリット

・書き込める情報の量に制限がない

・ほかのアプリとの連携できる

個人的にはアプリでスケジュールを管理することがおすすめです。

アプリでスケジューリングを行う理由は、「書き込める情報量が無制限」であること、そして「メールなどのアプリとの連携がしやすい」からです。詳しくは活用法の欄で説明します。

 

アプリのデメリット

逆にアプリを使うデメリットとしてあげられるのが、「電話に対応しづらい」ことです。

例えば、外出時に次回面接の詳細を伝える電話がきたとします。

外出時にスマホで電話に出てしまえば、スピーカーモードにするわけにもいかないので、電話に出ながらアプリを開くことが難しいです。

そんな時は、イヤホンを付けるもしくは、一度簡易的にメモなどを取るのが良いでしょう。

また、自分の字でないと見づらい、頭に入ってこないという人がいるかもしれません。

そんな人は手帳の方がおすすめです。

 

アプリによる管理方法

選考の情報は基本的にメールやWEBサイトなどで確認しますよね。

アプリの良い所は、面接など選考の情報をコピー&ペーストでメモできる点です。

面接の詳細連絡がメールで来たときは、それらをコピペしてカレンダーのメモ欄にペーストすれば、カレンダーから日時や場所まですべて見ることができます。

活用の手順

  • 手順1
    予定とTodoリストなどカテゴリーを分けて見やすくする

    予定と締め切りが同じ色のタグであったりするとわかりにくくなってしまうので、カテゴリ分けはしておきましょう。

  • 手順2
    予定を入力する(日時、場所などをサイトやメールからコピペ)
     無駄な情報などはコピペした後に消しておくと見やすくなります!
  • 手順3
    リマインド機能を付ける
     予定を書いていても忘れてしまう時はどうしてもあります。そんな時のためにリマインド機能を付けておくといいでしょう。指定した時間にもう一度予定をお知らせしてくれます。
  • 手順4
    面接などの選考なら行き方などを入力する

    その日の行き方などを事前に調べてスクリーンショットを取りましょう。そしてアプリに添付すれば、場所と合わせてそこまでの行き方など一括でアプリで見ることができます。

 

まとめ

以上「アプリを使った就活のスケジュール管理方法」でした。

就活は「情報戦」と言われますが、その中には「いかに情報を適切に管理することができるか」という意味も含まれているような気がします。

ぜひこの記事を参考にしていただき、就職活動に役立ててもらえたらと思います!