自己分析が進まない!そんな人におすすめのツール6選

面接の直前に対策すべきことは?

名前

面接がもうすぐだけど何か直前に対策することってあるかな…

こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。

今回はそんな「面接に直前にやるべきこと」について説明していきたいと思います。

 

緊張する? 面接直前の悩み

 

・緊張する

 

・直前で志望動機や企業研究の出来が不安になってくる

 

この2つは「気にしない」ことが重要です。

どんなに準備を完璧にしても直前は不安になったり緊張するものなのです。

その時に重要なことは、「あっ自分緊張してんなあ」と思うことです。

緊張はそれ自体が悪いことではありません。

怖いのは、「緊張から引き起こされるパニックや思考停止」です。

このようなことが起きないように、自分を客観視することで、「緊張してるけど、ここはしっかり伝えよう」などとしっかり平静を保つことができるのです。

面接官だってできるだけ学生の素を見たいわけですし、緊張を解きほぐそうとしてくれます。

確かに面接官の方も「緊張してる?」とか聞いてくれることが多かったな~。

そのため、緊張すること自体に悩む必要はありません。

ただ、いざ面接になると全部内容が吹き飛んでしまうという人は以下の記事をご覧ください。

面接は「暗記」がダメなのではなく「暗記に頼って自分で考えないこと」がダメなのである。

 

面接直前にやるべきではないこと

 

「新しいことを考えること」

これは絶対に面接直前にしてはいけません。

「自己分析や企業研究がこれで正しいのか。」

これは確かに直前に不安になってくるポイントかもしれません。

しかし、だからと言って自己分析を直前にさらに深めることもできなければ、企業のことで新しく知れることなどありません

テスト前や入試前に新しい単語や文法は見ないとの同じです。

面接直前も「新しいこと」を始めないようにしましょう。

「新しいこと」を考えても「さらなる不安をあおる」だけになる可能性があります。

 

そのため直前は、

  • 自分の準備を振り返る(評価はしない)
  • 「自分がやってきたことはこれで間違っていない。全力を尽くしたし頑張ろう」とポジティブに考える。

 

これらの事を意識するだけでいいです。

後に「面接で振り返るべき内容」にも触れていきたいと思います。

 

面接当日・直前にやるべきこと

早めに行く

出来れば面接には早く行きましょう。

早めに行くほうが良い理由は以下の2つです。

  • 電車の遅延など思わぬ事態で遅れてしまう可能性がある
  • 間に合ったとしても心の準備ができていなかったり、汗だくのまま面接に臨むことになる

 

たまに早くいきすぎるのは良くないとの記事を見かけますが、そんなことは全くないと思います。

その理由は早く行くことは「リスク管理の1つ」だからです。

リスク管理をした結果早く会場についてしまうことの何が悪いのでしょうか。

早く来すぎだから悪印象などと言う企業やエージェントがいればそんなところにはいかなくてかまいません。(笑)

 

最低限身だしなみを整える

時間に余裕をもって面接会場についたなら、トイレなどで身だしなみを整えましょう。

 

身だしなみがよければ面接に合格するというわけではありません。

ただし、服装が乱れに乱れている、髪の毛が不潔なレベルであれば、「それだけで落とされる」可能性はあります。

×受かる身だしなみのコツ

落とされない身だしなみのコツ

そのため、身だしなみは「最低限」整えましょう。

面接会場に早く着いたらトイレにでも行って「ネクタイがずれていないか、ボタンが外れていないか」など最低限の身だしなみを整えておきましょう。

確かに「どんくさいやつ」と思われるのは嫌だなあ。

また、一度鏡で緊張している自分を再認識することで緊張をほぐすこともできます。

 

自己分析・企業研究は「振り返るだけ」

自己分析や企業研究に関しては「振り返るだけ」にしましょう。

自己分析で「ここ詰め切れてなかったな」と面接直前に気づき、考え込んでしまい思いつく前に面接が始まってしまった..とすごく焦ってしまった…

こんな経験はありませんか?

直前に焦りを覚えたせいで本来言うべきことも一緒に忘れてしまうなどということがあれば面接の結果に大きく響きます。

実際、直前に「ここ考えていなかったから今から考えよう」と思ったとしてもそれに関する質問がされる可能性は低いです。

そのため、直前に新しいことを考えるのにはリスクが高いです。

そのため、実際は「チェックすべきするところを確認するだけにしましょう。

直前に確認すべき事項は、「質問される可能性が高い以下の3つの項目」がおすすめです。

3つの頻出項目

これらに関する質問は高い確率で聞かれます。

面接直前は頻出の質問に対する答えを今一度確認しておくといいでしょう。

 

まとめ

以上が「面接直前にすべきこと」を考えて生きました。

面接直前に気を付けることで必ず面接に受かるということはありません。

ただし、通過する確率をできるだけ下げないことは可能です。

ぜひこの記事を参考にしていただけたらと思います!