自己分析が進まない!そんな人におすすめのツール6選

志望動機の「社風に惹かれた」は使い方次第で最強になりうる件

面接官

志望動機を教えてください!
オンシャノシャフウニヒカレマシタ

学生

面接官

またか…

 

「社風に惹かれました」を志望動機で乱発している人はいませんか?

確かに、社風は企業選びの際には非常に重要なポイントですし、メリットもたくさんあります。

しかし、単に「社風に惹かれた」とだけ言っても意味はないでしょう。

今回は、そんな「社風」を志望動機に活用するテクニックについて説明していきます。

 

志望動機で「社風に惹かれました」を使うのは危険なのか

面接やESで志望動機を聞かれることは多いです。

そして志望動機で「社風」を使う学生も多いのではないでしょうか。

企業選びをするにあたって、「共に働く人」は非常に重要な要素です。

実際、最も多い退職理由は「人間関係」となっているように、いくら自分の好きな仕事につけたとしても、一緒に働く人と合わなければ、結局やめてしまうことは多いですからね。

 

しかし、志望動機に社風を使うことには賛否両論あります。

これは単純に、「使い古されている」というのが大きな理由であると考えられます。

そのため、社風を企業の志望理由に用いる時には、「使い古されたもの」になっていないか、自分だけの表現になっているかということが重要になります。

 

志望動機に社風を含めることのメリット

企業を志望する理由に社風を用いる大きなメリットが、「なぜ業界内の他社でなくこの企業か」という質問に答えることが出来るということです。

志望動機を語るうえで、事業や働き方の魅力を語ることはとても真っ当なことです。

しかし、事業や働き方に関しては、業界によって違うことは多いですが、業界内の企業間ではそこまで違いがないことが多いです。

そのため、事業のことや働き方のことで、「なぜこの企業か」に答えることは難しいです。

 

一方で、社風に関しては同じ業界内であれ、企業によって様々です。

そのため、社風を用いれば「なぜ業界内の他の会社ではなく、この会社なのか」に答えることができるのです。

メリット

「なぜこの会社か」に答えることが出来る

 

志望動機に社風を含めることのデメリット

社風は、「相手が自分を採用したい」と思わせる理由にはなりにくいです

自分の強みを活かせる、そしてやりたいことが出来る企業が複数ある中で、「社風が自分に合っているか」ということが御社を選んだ決め手となった。

社風はこのようにその他の志望動機とセットで「最後の決め手」に使うことをおすすめします。

「社風が自分に合うかどうか」という点は具体化が必須です。

それについてはのちほど詳しく紹介したいと思います。

 

また、社風を語る上でのもう一つのデメリットは、「うちの社風は実はそうじゃない」と感じられるリスクです。

実際、企業の社風を体感できる場は少ないですし、説明会に行っただけで「社風が合いそう」と判断するのは少し安易だと思います。

出来るだけ多くの社員の話を聞いて自分の中で「その会社がどのような社風か」を明確にしましょう。

デメリット

社風だけでは相手が採用するメリットがない

社風のとらえ間違いが起こる可能性がある

 

差別化できる志望動機×社風

社風は選考で「志望動機」「企業選びの軸」を語る際に非常に有効です。

しかし、「社風の使い方を間違える」とかえって印象を悪くする可能性がありますし、よくある言い回しでは、面接官も「またか」と思うでしょう。

そこで、志望動機×社風で他の学生と差別化できるポイントを考えてみました。

 

差別化ポイント

  • 社風の表現に具体性がある
  • 強い根拠

大きく分けてこの2点で差別化をしていくことが出来ます。

 

社風の表現に具体性がある

志望動機を語る際に「社風が魅力的」と答えると、ほとんどの場合で「社風のどの点が魅力的ですか」と聞かれます。

先ほども言いましたが、社風は「数ある業界内の企業の中からその企業を選んだ理由」を答えるには有効です。

しかし、そうであるが故に、「社風に逃げる」ことが出来るのです。

人事としては、「社風に逃げる」学生には、より具体的な質問をすることで、「本当に決め手が社風だったのか」を判断します。

ただ単に「社風に惹かれた」だけでは悪印象です。

そのため、出来るだけ社風は「具体的に表現できるように」詰めておくべきです。

でも社風ってどんな表現で表せばいいか分からない…

社風を表現する際に、どんな言い回しがあるか知りたい方はこちらの記事をご覧ください!

みんなが知りたい社風を一覧にしてみた

 

社風の考え方

  • 社員はどんな人柄?
  • 社員はどんな考え方を持っている?
  • 社内の雰囲気はどんな感じ?

 

強い根拠

面接などでは「社風に魅力を感じたこと」に説得力を持たせる必要があります。

説得力を持たせる方法はただ1つ、「社員に会った経験を話す」ことです。

つまり、「社風を魅力的に感じた理由」語る際は「実際に会った社員から感じられたから」と答えればいいのです。

言い方としては、

「○○さんの△△な人柄に惹かれた」

「○○さんの△△という言葉・考え方にすごく共感した」

などというと説得力は増すでしょう。

また、「今まで○人もの社員さんの方に会わせていただきましたが、どの方もみな○○だったことがとても印象的でした」のように、「複数の社員からこのような判断に至った」という社風の説明はより効果的です。

社員1人の話をきくのと、社員10人の話を聞くのでは、「社風の理解度」はまるで違うからです。

確かにOB訪問を十何人もしている人はしっかり内定をとっている人が多かったな!

また、インターンシップに言った企業であれば、インターンシップで社風を体感したということも有効です。

OB訪問は本選考が始まるまでの期間にやっておくと、説得力の強い志望動機を作ることが可能です。

そしてOB訪問をするならビズリーチキャンパス1択かなと思います。

OBOGの数が圧倒的だからです。会うまでの手間も全然かかりません。

ビズリーチキャンパスの圧倒的評判の良さ。5つの理由を紹介します。

詳細は上の記事をご覧ください。

早速登録して他の学生よりも説得力のある志望動機を作りたい人は下のボタンからどうぞ。

★簡単登録★

ビズリーチキャンパスに登録する

 

社風を用いた志望動機の例文

最後におすすめの「社風を用いた志望動機」を考えたので、ぜひ参考にしてみて下さい!

私の○○な強みを活かせること、そして御社の事業の○○なところに惹かれました。

 

そして、○○人もの社員とお話させていただく中で、どの方も「常に顧客ファーストとチームワークを重要視している」ということが印象的でした。

 

この「顧客のために一丸となって社員が全力で動く」という社風に共感したことが御社を志望した決め手となりました。


チェックポイント

✔社風以外の志望動機があるか

✔説得力があるか

✔具体化できているか

 

「なぜこの事業、職種がいいのか」「自分が貢献できるか」とともに、「社風」を使うと良いでしょう。

「事業や職種」「自分が貢献できる」という要素だけでは、複数の企業が当てはまるからですね。

そのため、最後に「社風」を使って、志望企業をさらに絞り込んだというアプローチをしていくと「なぜこの企業か」という疑問にも答えることができます。