自己分析が進まない!そんな人におすすめのツール6選

面接で他社の選考状況を聞かれた時の効果的な答え方

面接官

他社の選考状況について教えてください!
ぶっちゃけ全部落ちているけど正直に話すべきかな…

学生

本選考の面接、特に終盤の面接選考で聞かれることの多い「他社の選考状況を教えてください」という質問。

その答え方に悩む方も多いと思います。

今回は

・「他社の選考状況」を聞く質問への答え方

・どこまで言うべきか

・嘘はばれるのか

主にこの3点について詳しく解説していきたいと思います。

 

他社の選考状況が聞かれる理由

企業が他社の選考の状況を聞くのは以下の3点を知りたいからです。

  • 就活の軸を持っているか(ぶれていないか)
  • 志望度が高いか
  • 優秀かどうか

就活の軸を持っているか・ぶれていないか

企業は学生が他に選考を受けている企業のことを聞くことで、学生の「企業の選び方」を知ることが出来ます。

なぜ企業選びを知ることが有効かというと、

「ミーハー学生」を振るい落とせるから

ミーハーな学生は、とにかく有名な企業を業界関係なしに受けまくります。

学生A「トヨタとサントリーと不動産と商社を見ています」

 

学生B「日本のプレゼンスを高めたいかという観点から商社とグローバルメーカーを受けています」

これを見てもどちらが「こだわり」を持って就活しているかは明らかです。

 

志望度が高いかどうか

他社の選考状況から自分の会社が学生の中でどんな立ち位置か知ることもできます。

「就活の軸」の話にも関連しますが、学生の話した「軸」に自分の会社があまり当てはまっていなければ、

・「なぜ当社を受けたんだろうか」

・「志望度が低いのではないか」

という判断を企業が下す可能性はあります。

実際に僕の場合も、面接が進むにつれて志望度がチェックされる印象を受けたよ!

 

優秀かどうか

選考に全部落ちてしまっている学生とどんな選考にも通っている学生を比べた時に、一般的に「優秀」と思われるのは後者です。

もちろん全部の会社の選考を通る学生はただ「就活に向いているだけ」かもしれませんが、確保するに越したことはありません。

特に、同業他社から内定をもらっている学生であれば、企業にとってはその学生を「適正の高い人材」と判断することが出来ます。

 

他社の選考状況についての答え方

他社の選考状況について答える際に意識しておくべきポイントは3つ。

  • 軸はあるか
  • 軸に沿った企業選びができているか
  • その企業への志望度が伝えられるか

この3つを意識して質問に答えるようにしましょう。

例文を1つご覧ください。

・少数精鋭で若いうちから裁量権があること

・グローバルに働けること

 

この2軸から、化学業界や素材業界の企業を見ています。

 

そしてA社からはすでに内定をいただいており、B社は2次面接を控えています.

 

 

その中でも「○○」な事業に興味があること、そして座談会やインターンシップを通して、○○な社風に魅力を感じたことから、御社が第1志望となっています。

まず必要なことは、「就活の軸」。

ここでは、「裁量権」「グローバル」が軸と言えますね。

就活の軸については以下の記事を参考にしてみてください。

就活の軸 例文を一覧にまとめてみた

そしてその軸に当てはまる業界を挙げています。

受けている企業を全部出す必要はありません。

そして、別に軸に沿っているならば同業界である必要もありません。

そして、明確な理由を出したうえで「その企業への志望度」を伝えると好印象です。

 

軸通りに就活していない人は?

自分の軸に完璧に沿って就職活動を行っている学生などほとんどいません。

その理由は以下の3点。

  • 軸は就活を進めていく中でぶれる
  • 設定した軸が正しいとも限らない
  • 本音としての軸がある

就活の軸とは言っても、ここ半年かそこらで決まったものです。

そんな短期間で考えた軸が今後一生ぶれないわけがありません。

そもそも自分が考えた就活の軸通りに企業選びができた人が仕事でうまくいっているか、幸せかということは別の話です。

 

そして多くの人は「年収」などあまり選考では言わない軸を持っているではないでしょうか。

業界1位を取って業界5位を切った理由なんて「待遇」とか「知名度・ブランド」に決まっています(笑)

このように「軸がない」「とりあえず年収の高いとこを受けている」という人は「企業ごとに軸を柔軟に変える」ことをお勧めします。

・選考を受ける企業と同じ軸で選ばれそうな企業を出す

・数社言えばよい

例えば、自動車業界の中でトヨタだけを受けている人は、「他の自動車メーカーも受けています。」といったほうが軸の妥当性は増します。

 

選考に落ちたことは言うべき?

選考に落ちたことは言うべきかという疑問もあります。

これに対する結論

  • 正直に伝える場合は、「落ちた理由を明確に」
  • 全部落ちた人は全部は伝えなくていい

その企業も落ちてしまったという人は、正直に伝えるメリットは小さいです。

選考に落ちてしまうのは、能力や人柄以外に「適正」や「運」もありますから全部落ちたからと言って優秀でないわけではないです。

しかし「準備不足」と捉えられる可能性は十分にあります。

 

選考に落ちたことを正直に伝えつつ、「なぜ落ちたかを分析し次に活かそうとする」学生はかえって高評価を得られる可能性はあります。

誰しも失敗はします。

重要なのは、失敗を次に活かせるか。だよね!

そういう観点で見れば、「落ちた要因を分析して次に望むことのできる」学生は高評価ですよね。

 

内定もらっていることはいうべき?

内定をもらっている場合はその企業の業界によって話は変わってきます。

 

☛同業他社から内定をもらっていることを伝える場合

同業界の企業の内定をもらっている場合、企業から「適正の高い人材」という評価をもらえます。

なぜなら、どの企業であれ業界内であれば、社員に求められる能力や考え方はある程度同じだからです。

そして適正の観点では評価をもらえますが、「なぜ内定を持っているなかでこの会社を受けに来たのか」という質問はかなりの確率でされると思われます。

企業からしたらその学生は同業他社に行ってしまうかもしれませんからこのような確認はします。

その質問に、明確な理由をもって答えることが必要になります。

 

☛他業他社から内定をもらっていることを伝える場合

まったく別の業界から内定をもらっているならば、ある程度の説明を求められるかもしれません。

その場合は、「就活の軸」に他の業界の企業が当てはまっていることを明確に伝えましょう。

 

選考の状況は嘘をついてもばれないのか

他社の選考状況に関して誰もが多少の嘘を混ぜると思います(笑)

では実際嘘はばれるのでしょうか。

結論としては

ばれる可能性はないこともない。

けど嘘をつくリスクはそんなに大きくないからビビらなくてもよい。

 

ばれる可能性としては、企業の選考状況を人事が把握している場合です。

では人事は他社の選考を把握しているのか。

 

把握することは可能です。

みんしゅうを人事は見ているからです。

複数の人事の方に聞いてみたけど大半の人が見ていると答えたよ!

そのため、同業他社の選考状況を見ている人事がいれば、ばれる可能性はあります。

しかし、人事が皆他社の掲示板を見ているわけでもなければ、そもそも掲示板の情報は正しいとも限りません。

また、選考状況は本当に「人それぞれ」です。

そのため人事としても学生の言い分を「嘘」と決めつけることは少ないと思われるので、嘘をつくリスクは小さいと思います。

まとめ

今回は他社の選考状況についての答え方について詳しく説明していきました。

選考状況に関する質問を単なる現状確認のための質問とは思わないほうがいいです。

確固たる軸をもとに企業選びをしているということをしっかり面接官に伝えましょう!