自己分析が進まない!そんな人におすすめのツール6選

【例文付き】学生時代頑張ったことで考えるべき10個のポイント

学生時代頑張ったことってめっちゃ聞かれるけど何考えたら良いんだああ

面接やエントリーシートでは「学生時代頑張ったこと」が必ずといっていいほど聞かれます。

就活生の中ではガクチカって呼ばれてたりもするね!

ただ、多くの就活生が何を答えたらいいのか分からない状況にあります。

そこで今回は、学生時代頑張ったこと(ガクチカ)に関するどんな質問にもしっかり答えるために「考えるべきポイント」をまとめました。

そして後半は、学生時代頑張ったことのテーマとしてよく挙げられる学業ゼミ、部活、サークル、アルバイトについてそれぞれ注意すべき点をまとめています。

自分の学生時代を今一度振り返ってしっかり詰めておきましょう。

 

企業が学生時代頑張ったこと(ガクチカ)を聞く意図

そもそも学生時代頑張ったことがなぜよく聞かれるかというと

  • 価値観を知りたい
  • 仕事において活かせるスキルを持っているか知りたい

企業は以上の2点を知りたいからです。

つまり、ESや面接でこの質問に答える際に「価値観・強み」を伝えることができれば、面接官へのアピールは成功といえます。

 

学生時代頑張ったこと(ガクチカ)であまり重視されない点

勘違いしている人が多いのですが、ガクチカでは「結果」や「リーダー経験」は思っているよりも重視されていません。

重要でないポイント

・リーダー経験

・結果

「リーダーをした経験」や「結果」などアピールできる点がないから不安だという人が多くいますが、別にそういった経験がなくても大丈夫です。

結果よりもプロセス「リーダーをした経験」よりも「自分が力を発揮した役割」が重要だからです。

ガクチカを通じて企業が知りたい学生の「強み」や「価値観」は、必ずしもリーダー経験や結果を出したという事実から導き出せるものではないのです。

また、嘘をつく人も多いですから、企業側も結果やリーダー経験についてあまり信用していないとも言えます。

就活期になると急に副〇〇が出てきたのはそういうことだよね(笑)

 

「学生時代頑張ったこと」で考えるべきポイントは10個

学生時代頑張ったことについて考えるべきポイントとはつまり「面接で聞かれること」と捉えてもらってかまいません。

では何について考えていけばいいのでしょうか。

それは以下の10個です。この10ポイントを抑えてさえすれば面接でも対応は十分可能です。

  1. 内容
  2. なぜそれに取り組んだのか
  3. 目標
  4. 困難 / 工夫
  5. 周りの人の巻き込み方
  6. 反対意見はなかったか、意見の調整方法
  7. 結果
  8. 後悔している点
  9. 活かされた強み・価値観 / なぜ頑張れたか
  10. 学び

以上の10点についての質問は最低限自分の中で詰めて答えられるようにしておきましょう。

 

①内容

学生時代頑張ったことを簡単に説明する場合に使います。100字程度でまとめてみましょう。

 

②なぜそれに取り組んだのか

これは実は非常に重要です。「行動の起点(どんな時に行動を起こせるか、何を動機として行動するか)」を聞く質問で、ここから業界、職種、その企業に適正があるかどうかが図られます。

ここで「自分がどういう人間なのか」伝えることが可能です。

例えば、「自分はすごく問題意識が高い人間だということ」を伝えたい場合

私は○○に問題意識を感じ、○○に取り組みました

このように答えるのがいいでしょう。

 

③目標は「-→0より+」

目標を達成できたかどうかは「目標のレベル」にもよります。

そして評価されやすいのは、マイナスの状態を解消するという目標よりも、「現状維持でも構わないのに、よりよい状態を目指す」という目標です。

「マイナスの状態を元に戻すこと」

 

マイナスを以前より良い状態、普通の状態からより良い状態にする」

これは結果についても同様のことが言えます。


そして「定量的目標」「定性的目標」の2つがあればなお良いでしょう。

「定量的目標」:売上○○円UPなど

 

「定性的目標」:お客様に満足してもらう、喜んで帰ってもらうなど

例えば「赤字をなくす」より「赤字をなくし、○○円の利益を出し、みんなにもっと喜んでもらう」というほうが目標としては良いと思います。

 

④目標を達成するにあたっての困難 / 課題を解決するための工夫

「困難に直面した時にどう行動するか」「いかに頑張れるか」ということは、仕事においても重要なことです。

何事も想定通り上手くいくことの方が多くないですからね。

目標を達成するにあたって課題となったこと、そしてその課題を解決するための方法を明確にしておきましょう。

解決策に関しては、箇条書きにするなど、わかりやすく表現できるようにしておいたほうが伝わり安いです。

ここでは「論理性」もある程度必要とされます。

「本当にその方法で問題は解決するのか?」この部分はしっかり振り返っておきましょう。

 

⑤周りの人を巻き込む場面はあったか、あるならどうやって巻き込んだか

チームで動くことが求められるメーカーや商社で頻出の質問です。

特に事務職であれば理系の技術職、開発職、または現場の人とともに仕事をする機会が多いからです、

そして事務系としては、彼らをまとめてビジネスを進めていくことが求められるので、「多様な人々をいかに巻き込んでいくか」ということは企業側としてもぜひ知りたい点なのです。

「周囲の人を巻き込む力」で自己PRする方法【例文あり】

 

⑥反対意見はなかったか、意見の調整方法

これも上記と同じですが、異なる立場の人々をまとめる時には、様々な意見が出ますし、その対立も生じます。

この時に、

「意見が採用されなかった人のケアはどうするのか」

「どうやって意見をまとめていくのか」

などを自分の中で明らかにして、答えられるようにしておきましょう。

 

⑦結果(定量、定性)

目標の所で話した通り、こちらも「定量的結果」「定性的結果」があればなおよいです。

また、「他者のコメント」を引用するというのも効果的です。

「君のおかげでこんないいことがあったよ」みたいなコメントは「数字で表す結果」よりも現実味があるからです。

そして大した結果でなくてもいいですし、もっと言えば、「結果がでなくても良い」です。

重要なのはそのプロセスなので。

ただしその場合はなぜ結果が出なかったかをしっかり分析しておきましょう。

きちんと分析ができていると「向上心がある」と評価されるからです。

 

⑧後悔している点・やりなおしたい点

少し頻度は落ちますが、「もう一度その時に戻れるとしたらどうしたい?」を聞かれることがあります。

この質問は、「向上心があるかどうか」「失敗を次に活かせるか」を見る意図があります。

誰しもうまくいかないことや失敗することはあります。

その時に、失敗をほったらかしにせずに「こうすればよかった」と振り返る人こそが、「失敗を繰り返さない」のです。

しっかりと自分の至らなかった点、もっとこうすれば良かったと思う点を考えておきましょう。

また、「後悔していることはない」答える場合は「なぜやり切ったと思えたのか」ということをしっかりと詰めておきましょう。

 

⑨活かされた強み・価値観 / なぜ頑張れたか

これは特に重要な項目です。

企業はこれらを知りたいのです。直接価値観や強みについての質問がある場合もあれば、それとなく間接的に聞いてくるパターンもあります。

直接的な質問が来なくても、ガクチカを話す中で含めておくことを意識しましょう。

そのため、自分の中で、「どんな場面で活躍したのか」「何がモチベーションだったのか」などを自分の価値観や能力の観点から考えていきましょう。

モチベーションの源泉【例文あり】を見つけよう

モチベーションの源泉については上の記事で詳しく説明しているのでこちらもぜひ。

 

⑩学び

学びについても聞かれることは多々あります。

過去の経験を仕事においても活かせるかどうかは、学びからも分かるからです。

学びは「仕事で再現できるもの」を答えるようにしましょう。

「人を巻き込むには○○が必要だという学びを得た」

例のような「人の巻き込み方」については、仕事でも再現できる能力です。

このような答え方をすれば、企業の担当者も「この人はこうやって周りの関係者をまとめてくれるのか」というイメージを膨らますことができます。

 

学業・ゼミに関するガクチカ

学生時代、学業やゼミに力を入れた人が気をつけて欲しいのが、「研究テーマが必ずしも仕事に結びつくとは限らないこと」です。

学生時代いくら力を入れたとしても、仕事ではまったく関係のないテーマについて語られたところで企業側は「ウチで使えるの君?」ってなるだけだからです。

学業やゼミについてのガクチカを考える際は、何についての研究か一言で表せるようにした上で

・「学業やゼミで得た学び」

・「テーマを追求するにあたって自分がどういう力を発揮したか」

このあたりを中心に考えていくと良いと思います。

 

アルバイトに関するガクチカ

学生時代アルバイトに力を入れた人も多いんじゃないでしょうか。

そしてよくあるのが「店の売上を〇〇%上昇させました」というガクチカ。

絶対ウソだろ(笑)

そもそもアルバイトの学生が店の業績とかを把握させてもらえることは少ないです。

「結果」にこだわってこういった嘘をつくのはあまり意味ないと思います。

そのためこちらも結果よりもプロセスであったり、顧客や他の従業員との関わり方などをアピールの軸にしていけると良いと思います。

 

部活に関するガクチカ

部活動はガクチカとしてアピールしやすいテーマではないでしょうか。

やはり「全国大会出場」などという明確な目標を立てやすいですからね。

ただし、部活も結果にこだわりすぎるのは勿体ないです。部活で結果を出したからといって仕事でも結果を出せるわけではないですからね。あくまでプロセスにこだわりましょう。

チームスポーツであれば、チームワークをアピールすることも可能です。ただ、単に「チームとしてどうしたか」を話すのではなく、その中での「自分の役割」を明らかにするようにしましょう。

組織の中での自分の役割を面接・ESで完璧に答える方法

これはキャプテンじゃなくてもいいんです。自分の強みや性格を活かして、チームにどう貢献したかが重要です。

 

サークルに関するガクチカ

サークルに関するガクチカもよく見かけます。サークルって一見仕事にはなんのつながりもなさそうですが、アピールできるポイントは実は多いです。

目標の建て方や、チームメンバーとの関わり方、運営方法などなど仕事に通じるものが多いです。

部活とは違って「目的を異にするメンバー」が集まるので、そういった多様なメンバーのマネジメントをどう行っていくかがポイントになります。

よく見るのが、「参加率をあげる」とか「メンバーのモチベーションをあげる」とかですかね。

ここで考えておくべきなのが「なぜ参加率を高めたいの?」ということ。

部活と違って、サークルに来る理由はひとそれぞれですよね。毎回サークルに行きたい人もいればたまーに顔を出して楽しみたいというメンバーもいますから、「参加率を高めること」が一概に良いとは言えないんですよね。

そこに自分なりの理由や考え方を出していけると良いと思います。

 

ESでの学生時代頑張ったこと(ガクチカ)の書き方

学生時代頑張ったことはESの質問で最頻出と考えてもいいです。

ただ面接と違って「字数制限」があるので、今回あげた10個のポイントをすべて盛り込むのは難しいです。

取捨選択が必要になってくるのです。

【例文あり】学生時代頑張ったこと(ガクチカ)の書き方

上の記事では「学生時代頑張ったこと」の書き方について「実際のES」を例に詳しく説明しているのでぜひこちらもどうぞ。

 

学生時代頑張ったこと(ガクチカ)が「ない」人はどうすべき?

大学なんて遊んでただけだよ~~ガクチカなんて何も話すことがないよ…

学生時代頑張ったことなんてない!そんな人もいるでしょう。

ただ、極論言うと「学生時代頑張ったこと」のテーマなんて何でもいいんです。

別に高校の時の部活のことでもいいんです。友達と遊んだエピソードでもいいんです。

ただしそれは

・自分の価値観

・仕事でも活かせる自分の強み

・どんなことなら自分は頑張れるか

このあたりのポイントを伝えられていることが条件です。

逆に言えばこの3ポイントさえ伝わればガクチカなんてなんでも良いんです。

副業禁止のサラリーマンがゲスの極み乙女。でベースを弾きながら会社とバンドを両立していた日々のこと|休日課長インタビュー

こちらの記事ではゲスの極み乙女。のベーシストである「休日課長」の就活について触れている部分があります。(休日課長は大手企業勤務だったそうです。)

そこでは休日課長が「カレーを作った」というガクチカについて話しています。

課長:履歴書に趣味の欄があるじゃないですか。そこに「カレー作り」って書いておきつつ、面接官に突っ込まれたら、「50食分カレーを作って売って、即完売したことがあるんです」なんていうツカミのフレーズを伝えて、その50食即完売カレーをいかにして作り上げたかの話をおもむろにしだすんです。その話にさりげなく、“こいつ仕事で使えそうだな”って思わせる要素を入れておくところがポイントです。」

テーマはなんでもよくて、その中にどれだけ「自分らしさ」や「自分の能力」が出せるかが重要なことがわかりますね。

詳細については以下の記事にまとめています。

学生時代頑張ったことがない人の対策法【よくある勘違い】

ぜひこちらもどうぞ。

 

まとめ

いかがでしたか。

「学生時代頑張ったこと」に関する10個点をすべて論理的に詰めておけば、たいていの面接・ESは大丈夫です。

頑張ってください!!